未分類

自分は大丈夫と思うのは危険。誰でも起こりうる借金地獄

私は2年生の専門学校卒で、無事就職活動も終え、20代前半には俗にいう大手企業へ晴れて就職を果たしました。
仕事も慣れてきた25歳になった時、とあることがきっかけで思いもしなかった借金地獄の生活を送ることとなりました。
正直私は周りの友人などに比べてもそこそこ給料は良く、それほど物欲もなかったので就職して3年が経つ頃には貯金が数百万ありました。
そんな普通の生活を送っていたところ、とある友人の誘いで私の生活は崩れ去りました。
最もオーソドックスなのですが、いわゆるギャンブルです。友人の誘いでパチンコ屋に初めて行ったとき、ビギナーズラックなのかその一日で5万勝ってしまったのです。
今思えばそれが崩壊の始まりでした。それからギャンブルにどっぷりはまってしまい、週に1.2回程度パチンコ屋に行く日がありましたが、最初の1年間は調子が良く、年間では10万程プラスだったと思います。人間味を占めれば怖いもので、段々パチンコ屋に行く日数も増えてゆき、仕事が休みの日はほぼパチンコ屋に通っていました。
もちろんギャンブルというのは負ける日もあるのが現状です。調子が良かったギャンブルをやり始めた1年間が脳裏によぎり、歯止めが利かなくなった私は1日に大負けしても「次はきっと取り返せる!」とバカなことを考えながらパチンコ屋に入り浸る日々を続けていると、25歳になった頃には貯金も使い果たし、消費者金融で借りた200万の借金を背負っていました。
最終的に何が言いたいのかというと、よくテレビなどで見かけていた「ギャンブル依存症」は完全に外から見ていた立場であり、絶対に自分はそんな風にはならない、やったとしても歯止めが利く。と思っていたことです。
ギャンブルは絶対に手を出してはいけません。

 

 

 

福岡で借金問題を解決するなら

私の友人の借金問題について

私の友人には、散財する友人がおりいつもパチンコやスロットに通って自堕落な生活を送っていると言うものでした。その友人とは大学時代に知り合ったのですが、いつも合えば「一緒に風俗行こう」「一緒にパチンコ行こう」と言うような方で、成績は間違えなく下位のクラスであったと思います。私も大学時代の頃はアルバイトに明け暮れてばかりで、その子と意見が合い、授業についていけない鬱憤を二人で悩みを共有し合い、同じ程度の知能指数であるからこそ盛り上がれた部分もあったんだと思います。しかし、いつもその大学の友人は私に対して風俗やパチンコ等に一緒に連れて行かれると「頼むし出して」みたいな形でお金を無心してくるのです。私が真面目にバイトをしていると言うことも知っていたみたいですので、尚更でした。私もその子意外だと正直付き合えるような子はいなくて、みな、かなり頭が冴えていると言う印象でしたので、完全に彼と私だけ落ちこぼれと言う状況でありました。しかし、私はいつしか、その子と縁を切りたいと考えるようになっておりました。なぜなら付き合っていても一切成長することがなくお金の無心ばかりをするからです。その子もそんな私の雰囲気を察知して、無理に自分より格上のグループに溶け込もうとしておりましたが無理があるなと遠目から見ても分かっておりましたので、その無理な様子を彼自信も一番納得していると言う状況でありましたので、腹いせに私に対してお金の無心を執拗にしてくることがありました。何回も無心してくることに呆れて私はその子と話さなくなりましたが、それが彼にとって借金をしないと言う一番の薬であったかもしれません。

高級車で多くの負債を背負ったわたしの場合

車を普段から楽しんで乗っていくことは素晴らしいカーライフを楽しんでいくうえでも重要なことです。車は多くのかたが憧れる高級車から、普段から気軽に乗れる軽4までいろいろなタイプの車があります。そのような中でやはり高級車はいつの時代でも多くのかたにとって憧れです。しかし、このような高級車には多くの場合、高額な費用がかかるような場合が多いのです。高級車を購入して多額のローンを払っていくことは大変です。ましてや、普通のサラリーマンであるわたしが高級な外車に乗ることはなるべく避けるほうがやはり長い人生の中で、健全な人生を送っていくことを考えるうえでも大切なこととなります。また車体本体だけではなく、維持費に関しても高額な金額が発生するのが外車の特徴です。パーツ代金などを考えると、万が一の事故や車検などにおいても大変高額な金銭が発生する可能性があります。そして、最近のような人手不足社会においては、過労などで大変な退社リスクも高まっています。そのような中で私も普段のハードな仕事で体調を壊し、また、多くの貯蓄もない中で失業することとなりました。その結果多くの負債と車だけが残ることとなりました。私の場合は自己破産の家庭で自動車も売却できる金額であったので、ある程度の資産をほとんど処分してから、最終的に自己破産としました。手続きには多くの時間がかかりましたが、最終的には免責がおり、無事に人生の再起をかけることに成功しました。

リボ払いによる借金。両親と恋人の助け。

私は19歳未成年で就職いたしました。
入社前の色々な手続きの際に、給与振り込みの為のクレジットカード付きの銀行カードを作成しました。
今までクレジットカードなど持ったことがない私は、内容が全く分からず担当者の言われるがまま記入していました。
その時は研修で地元を離れていたため両親に相談できるはずなく、少ない説明の元カードを作成しました。
未成年者がカードを作成する場合勝手にリボ払いになるらしく、その説明のないまま作成。
地元を離れての社会人生活だったため一人暮らしで、家賃・光熱費・NHK等そのクレジットで契約しました。
毎月3000円の請求。少ないなと思いながらも明細を見ずにそのままにして1年経過。
同じく未成年で入社した同期のクレジットの請求が悲惨なことになり、同期のラインで話題に。
まさかと思い自分の明細を確認したところ1275000円の残金。
どうしたらいいかわからず、すぐさま父親に電話しました。
泣きながらの電話で聞き取れなかったんだと思います。
「落ち着いて、絶対助けるから」その父の言葉に救われました。
しかし1275000円の貯金が実家にあるわけがなく、祖父母に借りていったん返済。
現在手取り11万の中から月4万返済中。
生活は厳しいですが、返済後の貯金力になると思い頑張っています。
そんな中色々な理由で、恋人との結婚話が浮上。
怖かったですが、借金のことを告白。
彼の奨学金が私の奨学金と借金合わせた金額より多いことから、家計から出して返済することに。
現在借金残高77万です。
今借金に悩んでる方は両親や周りの頼りになる方へ相談の決意をした方がいいです。
解決しないにしろいろんな意見が出ています。
また、未成年で就職する方。リボ払い設定に気を付けてください。
以上、私の経験です。

知り合いが車を売って借金返済をしていました。

知り合い夫婦は以前から毎月のようにお金を貸してほしいと連絡があり、あまりにも毎月言われるのでどうしたのか聞いてみました。
するとギャンブルにお金を使ってしまい、また消費者金融にまで手を出してしまい、ローン返済や家賃の支払いなどをしてしまうと生活をすることができなくなってしまったと言われました。
お金を貸すことは私たちも生活があるので何万と貸すことはできないのでお米をあげたりすることは出来るからとそうゆうとこで支援はするねとは伝えましたが、結局それでも毎月遊ぶお金がほしくてお金貸してほしいと言われていたので私は知り合いの司法書士さんを紹介しました。
司法書士さんなので弁護士ではないので提案くらいしかできないとは思ったのですが、何か解決案が出ればなと思い紹介しました。
すると数ヶ月後夫婦2人の車を売って解決したと連絡がありました。
奥さんの方は新車で軽自動車を買っていたようでそれを売ったところ100万円ほどだったそうでまずは中古で安い車を購入し残りは車のローンに半分、消費者金融などのローンにすべて払い借金を減らしたそうです。
旦那さんの方は車は全然が価値がつかなかったそうで、そのまま乗っていて、趣味のバイクを売り50万円になりすべて消費者金融に返済したとのことでした。
返済してもそこからまた借りることが出来るようになっているのでカード会社に連絡してすべて利用停止にして借りれないようにもしたそうです。
それでもまだ100万円近くの借金が残っているそうで、今は生活基盤も戻り地道に返済しています。

自分では後始末ができなくなる借金問題

私の友人の話しなのですが仕事はたまにのバイトだけでフリーター状態です。
そんな彼女はよく新作の高い服を持っていたり旅行などもよく行きどこから
そんなにお金が出てくるのか不思議でした。怪しいことをしていないか心配になり
聞いてみるとお金を借りているといっていました。簡単に貸してくれ最初は
ほんの少しの金額だったのですぐ返せるしと言っていたのですが
やはり簡単に借りれたということもありお金を借りることに抵抗もなくなっている
みたいでした。利子もそんなに高くなく上がっていくペースもそんなに早くないといっていましたが
段々彼女はエスカレートし借金の額も膨れ上がり返せる目処さえもたたなくなって
いましたが働くことがとても嫌いならしく借金は増えて行く一方でしたが
彼女にも彼氏ができ将来を真剣に考えるようにもなってきていました。
しかし彼氏には借金のことを話せずずっと悩んでいました。
働き出しましたが自分の生活や支払いなどで借金も返していってるみたいでしたが
中々減らず自分ではどうしようできない状態になってしまい結局
親に泣きついて借金のことはどうにかなったらしいです。
何回とめても借りることが辞めれず結局依存みたいになってしまっていたのだと思います。
親がどうにかしてくれたからよかったものの気づくタイミングが1歩でも遅かったとき
彼女その場の楽しさに目がくらみ人生をだいなしのものにしていたと思います。
返せる目処もないのに簡単に借りれるからといって借金をしないようにしないと
取り返しがつかなくなると思いました。彼女の場合親がいたからよかったものの
助けてくれる人がいなかったらと考えるとゾッとしました。

スマートフォンのゲームが原因で

僕はスマートフォンのゲームが原因で借金を抱えることになりました。

そのゲームは当時流行っていたパズルゲームで友達もみんなやるほどのハマり具合でした。ゲーム内にガチャがあるのですが、これが沼でした。

月に2回だけレアキャラが出るガチャ期間があって、そのときにみんなコンビニに走ります。グーグルストアカードを買うためです。

最初のうちは月にいくらまでとルールを決めてやっていたのでよかったのですが、あるとき事件が起きました。

僕が大好きなアニメとコラボレーションをしたのです。当然僕が好きなキャラは最高レア度でなかなか出ない仕様になっています。このコラボのときにグーグルストアカードを買いにコンビニに行くのが面倒になり、スマホ代といっしょに請求できる課金方法に変更しました。

ちなみに狙っていたキャラは無事にゲットすることができました。

それから周年キャンペーンなどことあるごとに課金課金課金。

気がつくと翌月のスマホ代の支払いが5万~10万円と限度を超えた金額になりました。

ゲームにハマっていた僕はスマホが使えなくなっては困るとクレジットカードのキャッシング枠を使ってスマホ代金を支払っていました。

しかし、そんなゲーム三昧も終焉を迎えます。

そうです、親にバレてしまったんです。。。

婆ちゃんは借金まみれの僕の現状を知って泣き出すわ、収集がつかなくなりました。

結局は妹が僕のスマホを使ってゲームを削除し、もう絶対にしないと約束させられてお爺ちゃんが支払ってくれました。

今でも友達がやっているのを見ると再開したい気持ちがありますが、グッと我慢しています。

彼氏に貢いでリボ払いの恐怖

クレジットカードのリボ払いで大変な目にあいました。

当時の彼氏は5個下。ちょっとイケメンで友達からもうらやましがられていました。

私はちょっとブスだったので、正直なんで私と付き合っているんだろうと思っていました。

ある日、デパートで彼氏が欲しがっていた財布があったので、誕生日ということもあり、買ってあげました。

それからというもの、月に1度はおねだりをされるようになりました。

最初は金額が低いものだったのですが、だんだんと高くなりました。そして、気がつくとおねだりの頻度も増えていきました。

私の収入では払いきれないので、リボ払いに変更しました。

それが罠でした。

リボ払いって月に1万円ずつ払えばいいだけなのですごく便利に感じますよね。でも、あれって元本返済にはほとんどなっていなくて利息を返しているだけなので、全然借金が減らないんです。

気がつくと限度額の50万円まで到達していました。

返しても返しても減らない借金に焦り、親友にだけ打ち明けました。

すると貢ぐのをやめて別れるようなら別れなさい、とアドバイスを受けました。

そして、次のデートでもう買い物はできないことを告げました。

最初はお金目当てじゃないと言っていましたが、結局は1か月後に破局。

残ったのは借金だけでした。

弟の借金

私は弟の借金のために長い間支払いをしました。

弟が私のクレジットカードを使ってショッピングからキャッシングまで限度額いっぱいに使っていました。

私が暖簾をくぐったこともないような超高級店での飲み食いから、有名ブランドを買い漁っていたり、あらゆることにショッピング枠を使っていました。

キャッシングも全額一気におろしています。

被害額を100万円を超えているとおもいます。

そして事件発覚前に弟は行方不明になりました。バックレる前に私のケータイから服からとあらゆるものを持っていっています。

一度、病院にかかったようで支払い請求が関西のほうからきたので、その辺にいるんだとはおもいますが。

ちなみに住民票も写していない・健康保険もないような生活をしているようです。

寝込みがちな母親たっての願いから被害届は出しませんでしたが、借金をどうにかしないといけません。

結局は働いている会社の社長に頭を下げて前借りをして全額返済しました。

利子だけでももったいないからと社長が助けてくれました。

社長はすごくいい人なので利子は不要で、給料の中から返済させてもらいました。

社長には頭があがらないので、一生ついていこうとおもっています。

事件からもう8年もたちましたが、いまだに弟の行方は不明です。

父親の借金を肩代わりして返済

私の父親は若い時には年収も良く平均的なサラリーマンの家族よりも裕福でした。

しかし、社長へ昇進した後は会社の経営が上手く行かずに倒産し自己破産しました。

その後は年齢も定年間近で再就職先を見つけるのは大変困難な状況でした。

父親は短気な性格であり喧嘩っ早いところがあります。

その性格のせいで会社経営は上手くいかなかったんだと思います。

また、再就職先も受け入れてくれるところはそれでも何ヶ所かあったのですが、自分のプライドが高いのもあり、どれも長続きしませんでした。

私は当時中学生であり、これから高校と大学とあるのにそんなプライドは捨てるべきだったと思います。

私も高校に進学してからはバイトをして家族のために頑張りました。

しかしお金は回らず親戚からお金を借りまくり返済が出来ずに関係は崩壊しました。

それから、高校を卒業後は専門学校に進みました。

入学金等は祖父母が援助してくれましまが、その後の学費はバイトを掛け持ちして支払いました。

無事に専門学校を卒業して社会人として働き始めた頃には父親は定年を迎え収入が年金だけになりましま。

今までの借金返済のため私の給料だけでは賄いきれず仕方なく私の名義で銀行から300万のお金を借りました。

それもあっという間になくなり、時には返済が滞ることがありました。

そのせいもあり、追加の融資を受けることが出来ずに社会人として働きながらバイトをすることになりました。

これで何とか借金返済しながら最低限の生活を送ることが出来ています。

私と父親だけの家族なので最低な父親ですが一応家族なのでこれからも完済に向けて頑張ります。