リボ払いの恐怖

大人になって、買い物をするとき、金額の大きな買い物でなければ現金で支払っていた。ある日、金融関係に就職した友人から、クレジットカードを作るように言われて、言われるがままに契約。その後、現金の持ち合わせがない時に、カード払いの威力を知りる。
それでも比率としては圧倒的に現金支払いが多い中、ついにカードの利用額に応じて付与されるポイントの存在に気づくことになり、現金払いより、カード払いのほうが断然お得と感じるようになる。また手元から現金が消えて行かない感覚が、お金に余裕があるという錯覚に陥るようになる。
すると人間楽な方へ転がり落ちていくのと同じく、自分の稼ぎでは支払いが厳しい支払いを抱えるようになる。
そこで、分割払いやリボ払いという便利な支払方法を知る。特にリボ払い。何十万円もの支払いを数万円へ変えてしまうことが出来る。月々の支払いがびっくりするほど楽になっていった。
これに味をしめて、「今月払えねぇ」と思えばすぐリボ払いへと支払方法を変更。気が付くと、リボ払いの未払い分が数百万円となっていました。金利は15%。ほぼ消費者金融と同じ状態。また、極度額を広げることもできなくなり、気が付くと、同じカード会社で複数契約していたカードは、次々に利用停止状態になっていきました。
焦りはピークに達して、考えあぐねた結果、今は、金利一桁台の銀行のローンへ借り換え、なんとか月額の返済額を最小限にして、細々とやっているとのこと。もちろんリボ払いとキャッシングリボは絶対に使わないようにしているとのことです。

SNSでもご購読できます。