ビギナーズラックが運の尽き

ビギナーズラックだったのか、競艇をやりだしてかなり早い段階で50万手に入れた。

自分にはギャンブルの才能があると思い込んだが運のつき、それからというものは何をやっても負け続けた。

しかし勝った時のあの高揚感が忘れられず、親に内緒で祖母にお金を借りてはギャンブルを続けた。まだ祖母に借りてるうちは良かった。利子なんてつかないから。

次第にサラ金に手を出すようになってからは地獄だった。それでも、本当の地獄はまだ始まったばかりだった。

なんと一番厄介だったのは、こんな借金まみれの自分ができちゃった結婚をしてしまった事。家族に借金がバレないか毎晩寝付けなかった。

そしてついに、隠し続けるのに限界を感じ、会社の金を横領。当然ばれてクビ。

なんとかクビの理由は家族には秘密にしてもらえたが、サラ金からの督促状でついに借金が家族にばれてしまった。総額500万円。

なんとか離婚は免れたが、働いても働いても元本は減らず、やっぱりギャンブルで一攫千金を狙って、さらに借金が増える始末。

はじめの数ヵ月は家族もギャンブル依存は病気だからと言って、慰めたりもしてくれていたが、こっそり借金してはギャンブルを続けている姿を見て、ついに離婚を言い渡された。

当然だ。悪いのは自分。

親にもこっぴどくしかられ、病院に連れていかれ、自己破産の手続きをしてもらった。

今はなんとかギャンブルは止まっている。というか、完全に親に金銭を管理されていてしたくても出来ないのだ。

自己破産もしたから新たな借金も出来ない。

まぁそれが唯一良かった事だろう。しばらくギャンブルとも借金ともおさらばできるだろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*