借金は性格のものなので治りません

私の父親は、昔からお金にルーズで借金体質でした。外で見栄をはり、一度に消費者金融の会社、数社から満額を借りるので、返済期日や返済日を過ぎてから、消費者金融から電話や手紙がバンバン届くので、そこで借金発覚!!となるのです。かなり勉強の出来る、頭の良い父親なのですが、そういう所はバカというか、「借りたら返す」というのが分からないのかと不思議に思ったものです。
結局、母(妻)が肩代わりするのですが、連帯保証人でもないなら、そういった義務はないようです。が、父親にお金を渡して返済するように言っても、そのお金を返済しないで使ってしまうような父親でしたので、全く信用がなく母が返していました。
母もパートでしたが、今思うと良くパートで借金が返せたかなと思います。車とか持ってなかったからなんとかなったのでしょうか?私の大学の費用まで工面していたので、しっかりものの母は大したものだと思います。
私の知っている限り、大きな借金は3回しており、最初は家を売るほどの借金で私も総額はいくらだったか分かりません。でも、そのせいで私は転校を余儀なくされました。
私が大人になってからも借金はしていたようで、かなりの利子の所からも借りていたようです。定年してからは、年金からかりて消費者金融に返していました。
70歳過ぎた頃病気でなくなり寸前に借金はすべて返したようですが、その借りたお金はどう使ったか、ついに言いませんでした。
借金は病気です。いくら頭が良い人でも私はごめんです。

SNSでもご購読できます。