クレジットカードカードと消費者金融のカードは便利さと怖さの表裏一体!

学校を卒業し、社会人になり、一人暮らしを始めた頃のエピソードです。当時、とある食品工場で正社員として働き、月収は20万円前後、ボーナスは年間30万円と、薄給で働いていました。その時は若気のいたりもあって、遊びたい盛り。欲しいモノは買い、ギャンブルも好き。女遊びも大好きで、遊び歩く生活をしていました。

しかし、安月給の私にはそんな暮らしは身の丈に合っておらず、次第に金欠に・・
挙げ句の果てに、生活さえもままならなくなってしまい・・でも、どうしても散財がやめられなくて、とうとうパンドラの箱を開けてしまったのです。

それは、クレジットカードでキャッシング、消費者金融でカードを作り、お金を借りてしまいました。
最初は「少しぐらいなら直ぐに返せばいいや!」と軽い気持ちで借金をしてしい、結果としてそれが地獄に足を一歩踏み入れることのきっかけに・・

カードでキャッシングすることは怖いもので、借金なんだけど、簡単にお金を手にすることができるので、まるで自分のお金のような錯覚を起こしてしまいました。

お金がなくなると借り、給料が出たら返済の繰り返しで、気がつくと、50万円の借入額になっていました。

返しても返しても減らない借金。
ご存知の通り、カードでの借入金利は以上に高い。だから、返済しても元金は減らず、利息だけを払っている状態で借金がなかなか減っていきません。

50万円、されど50万円。
安月給で若造だった私には思い金額。本当にヤバい!と思って、親に事情を話してお金を借り、一括でカード会社に返済しました。

クレジットカードと消費者金融のカードは便利だけど、怖いモノです。だから、利用する時にはくれぐれも計画的にお願いします。

SNSでもご購読できます。