未分類

結婚後に夫の借金が発覚・・・・

現在は払い終わったから言える話ですが、結婚するのにあたり夫が全部支払いをしてくれていて気前がいいなと思っていたけど結婚後に借金が発覚しました。結婚するために引っ越しのお金や家具などの支払いを借りていて、結婚後お小遣い制度になったので間に合わなくなり払えなくなって結局借りては返してを繰り返し結局150万に膨れ上がりました。 義両親に聞いたら過去にもそいういった事があったので生活費はすべて消えてしまい、私は自営業だったので働いても半分以上は生活に取られるといった日常を送っていました。 そんな中コロナ渦にもあい、夫は残業ができなくなったので私が頑張るしかなく半分以上は私が生活を支えてました。 払っても利息しか払えずにどうにもできないので債務整理をする事にしました。 月々の支払いをきちんと返せるようにして、債務整理の為20万プラスされてしまいましたけど、無理のない返済をするのが一番だと思って月4万ずつ返していけるように手続きしました。 コロナ渦が落ち着いてきて、夫の給料も10万以上上がったのでボーナスも出るようになりました。 ボーナスで残りを一気に支払い、5年かかるのを4年で返すことが出来て良かったです。 今後は何か困ったら必ず相談する事、一人で解決しようとしない事を約束させました。 家庭のお金も月々いくらかかるのか夫婦でしっかり月々共用して家庭がどういうお金の動きなのかを夫も把握する事でお金に対する意識は変わっていったんじゃないかと思います。

献身的な彼女

友達に借りた車で事故ってしまったため、修理代の50万を街金から借金した。

友人、「どうして街金から借りたの?相談してくれたら何とかしたのに」
私、「だったら、お金を貸して」
友人、「えっ!?」
これ以降、友人との付き合いは無くなった。

彼女、「借金は返したの?」
私、「まだ返してない」
彼女、「ヤバくない?」
私、「メッチャヤバイ」
彼女、「どうして返さないの?」
私、「どうしてって、返すお金が無いからだよ」
彼女、「働いて返せば良いじゃない」

彼女の勧めで、デリヘルの送迎の仕事をするようになった。
彼女、「遅刻するわよ」
私、「先に行ってて」
遅れて店に着くと、彼女がいたのは、彼女はデリヘル嬢だから。

車の中
私、「今日、何、食べる?」
彼女、「・・・」
私、「ねえ、聞いてる?今日、何、食べる?」
彼女、「・・・」
私、「ねえ」
彼女、「聞いてるわよ!」
彼女の機嫌が悪いのは、お客さんに酷いことをされたから。

彼女がデリヘルで働くようになると、私の借金は2ヶ月で返すことが出来た。

私、「今日、何、食べる?」
彼女、「・・・」
私、「ねえ、聞いてる?」
彼女、「聞いてるわよ。私がデリヘルで働くことに何とも思わないの?」
私、「・・・」
返事をしなかったのは、彼女がデリヘルで働くことに何とも思ってないから。

彼女は入店3ヶ月で、売り上げナンバーワンのデリヘル嬢になった。
私、「お祝いしようか?」
彼女、「お祝いなんてして欲しくないわよ」
私、「何、怒ってるの?」
彼女、「私がデリヘル嬢を続けて、貴方平気なの?」
私、「・・・」
黙ってはいたが、彼女がデリヘル嬢を続けるのは、全然平気。

彼女、「デリヘル嬢を辞めたいの」
私、「辞めれば良いじゃない」
彼女、「本当に辞めて良いの?」
私、「うん」
デリヘル嬢を辞めた彼女は、現在、私の借金を返すためにソープで働いている。

借金の辞め時って、いつ?

仕事の都合で両親が外国へ行ってしまったら、タガが外れてしまった。
高校までの友達は、全て関係を断った。なぜなら、通ったのは世間からお坊ちゃま学校と言われており、親同士が繋がっているから。

大学で知り合った友人、「コンパがあるけど来る?」
大学生になるとコンパに明け暮れ、大学1年の夏に童貞を卒業した。
童貞を卒業したら、連日SEXばかりするようになり、夏休みが終わった頃に初めて医療機関に掛かった。
ドクターから言われたのは「お大事に」。
「お大事に」って、何を大事にするんだ?

当時住んでいたマンションに帰ると
彼女、「どうだった?」
医療機関で処方されたクスリを彼女に見せると
彼女、「当たったじゃない」
私の性病を彼女が当てたのは、彼女はエッチを生業とする風俗嬢だったから。

その日の夜
彼女、「報告があるんだけど」
私、「何?もしかしてお前も性病?」
彼女、「性病じゃないわよ」
私、「何だよ?」
彼女、「出来たみたい」
私、「出来たって、何がだよ?」
彼女、「赤ちゃん」
私、「・・・」
返事をしなかったのは、付き合ってはいるが、結婚をしても良いと思えるほど好きではなかったから。

彼女、「どうする?」
私、「どうするって何が?」
彼女、「産んでも良いの?」
私、「産みたければ産んで良いよ」
彼女、「だったら産むよ」
お腹に赤ちゃんがいると聞かされてもエッチをした。もちろん避妊なんてしない。

翌日、街の金融機関から借金をしたのは、妊娠した彼女に餞別としてお金を渡すため。
街の金融機関の人、「100万が限度だな」
私、「だったら100万貸して下さい」
金融機関の人、「うち、取り立て厳しいよ。分かってる?」
私、「赤ちゃんが出来たのに、逃げませんよ」

借りた100万を持って、別の女のところに転がり込んだ。
借金で作ったお金でも、お金があると人は優しくしてくれる。

数日後
私、「今日だけスマホを貸して?」
新しい女、「自分のスマホはどうしたの?」
私、「壊れたんだ」
自分のスマホは、赤ちゃんが出来た元カノやお金を借りた街の金融機関から、ひっきりなしに掛かってくるため捨てた。

女のスマホを借りた本当の理由は、借金をするため。
翌日、女から何度も「スマホを返して」とスマホが鳴るため、借りたスマホも捨てた。

借金があっても、顔に借金があることは描いてないため、次から次に借金をした。
借金をしても転々と引越しているため、借金を繰り返す人生は30歳になった今も続いている。

親が返した借金

私の夫には、結婚前の独身時代に借金がありました。その借金はなんで作ったのか?それはギャンブルでした。もともとはあまりギャンブルにも興味のなかった彼ですが、社会人になって先輩にパチンコに連れられて行ったのですね。それから徐々に一人でパチンコに行くようになり、どんどんはまってしまったのでした。
自分のお給料の範囲でパチンコをしているうちは良かったのです。次第にパチンコ熱が高まり、お金を借りてやるように…。
そうなったらもう終わりですよね。理性が利かなくなってきた状態ですから。その当時のことは私は知りませんが、自分でもおかしかったといっていました。

それから消費者金融でお金を借りるようになり、私と出会った時には、約200万円の借金がありました。付き合いを深めていくうちに自然と結婚の話も出てきたとき、その借金をどうするかという話になりました。私としては結婚前に当然0にするべき借金なので、彼に迫りました。返済出来たら結婚しようと。

彼は無い知恵を絞って考えました。そして結局借金のことを自分の親に打ち明け、そして彼の親はその借金を肩代わりして返済したのです。どこまで子どもが可愛いのかな、借金を肩代わりするなんて、親が馬鹿なのではないかとちょっと思いましたが、借金がなくなったら結婚という約束になっていたので、その2年後結婚をしました。今でも当然借金もありません。親が返してくれた借金なので、本人は全然懲りていないかもしれません。でもそれでも借金がない状態で結婚できたのはラッキーと思います。

借金 弁護士 福岡

カウンセラーに助けられての返済

私は借金に苦しんでいたことがあります。借金の種類は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、そして友人や親族からの借り入れです。借金の総額は約300万円でした。返済に追われて、毎月の生活費もままならない状況でした。そんな時に、インターネットで借金問題の相談窓口を見つけました。そこでは、専門のカウンセラーがとても親切に相談に乗ってくれて、借金の整理方法や返済計画を立ててくれました。私は、自己破産や任意整理などの法的な手続きではなく、債務整理という方法を選びました。債務整理とは、債権者と交渉して、借金の金額や利息を減らしてもらうことです。カウンセラーが代わりに交渉してくれたおかげで、私の借金を減らすことが出来ました。それからは、カウンセラーが作ってくれた返済計画に沿って、毎月一定額を返済しています。今では、借金の残高は約50万円になりました。もうすぐ完済できそうです。

借金問題に陥ったことは、私にとって大きな苦難でした。しかし、そのおかげで、お金の大切さや節約の方法を学びました。また、カウンセラーをはじめとする多くの人に助けてもらったことで、感謝の気持ちや人間関係の大切さを再認識しました。借金問題は決して恥ずかしいことではありません。誰でも起こりうることです。もし借金に悩んでいる人がいたら、早めに相談することをおすすめします。一人で抱え込まずに、プロの助けを求めることが、解決への第一歩だと思います。

債務整理をして良かったこと

ギャンブルにハマってしまい消費者金融からお金を借りているうちに、数万円を借りることは当たり前となり感覚がだんだん麻痺していってしまい気がついたらいくら借金があるのかわからなくなっていました。借金を返すために借りて、またギャンブルで借りてといった繰り返しでギャンブルをやめようと何回も思いましたがどうにもならず、催促の連絡もやってくるようになりもうダメだと思い借金問題の相談を受け付けているところに連絡しました。相談は無料だったし債務整理に関する説明も丁寧にしてもらえて、債務整理イコール自己破産だと思って一歩が踏み出せなかった自分にとって、任意整理という方法はかなりありがたいと感じてお願いすることにしました。弁護士に依頼してからはあれだけ煩かった催促の電話もぴたりと止んだので、精神的にかなり楽になり心に余裕が生まれて良かったです。その後は依頼先に任せきりという感じでしたが無事に解決し、無理のない範囲で毎月返済できる金額にしてもらえて本当に救われました。依頼に必要となった費用に関しても分割で支払うことができたのでその点もありがたかったし、お願いして本当に良かったです。もうギャンブルはしないと誓ったので、このことを忘れないようにしたいし家族や会社の人にも借金のことや任意整理をしたことがバレる気配がなく白い目で見られたり、ギャンブルで借金をしたやつだというレッテルをはられずに済んで助かりました。

婚約者にバレてしまった結果

若い頃から買い物でお金を使いすぎてしまい、それがストレス発散になっていてどうしても止めることができませんでした。給与を全て使ってしまうレベルで終われば良かったのですが、それでは足りずお金を借りてまで買い物するようになり、それは恋人ができて婚約しても変わらずもちろん恋人には黙っていました。結婚したらバレるに違いないしやめなくてはと思って、その段階でいくら借金があるのか確かめようと思いましたがかなりの金額を借りていることはわかっていたので、恐怖で借入額の合計を知ることから目を背けてしまっていました。そんな中でもお金を借りて買い物する癖はなおらず、返済も滞ってしまって催促の電話がかかってくるようになってしまい恋人と過ごしているときにも電話がかかってきて、出るわけにもいかず困っていると、浮気を疑われてしまいました。このままではまずいと思い、正直に借金があることを打ち明けました。最初は黙って聞いていた恋人でしたが、その後少し呆れた顔をしていてその場はうまく治りましたがそれから関係がギスギスしてしまい結局婚約破棄されました。母親にも借金が原因で別れたことがバレてしまい、その後借金はしないと誓いその時の借金は親が代わりに返済してくれて、親にお金を返すスタイルになりました。やはり自分で返済できないレベルのお金を借りるべきではないし、お金を借りることで身近な人との人間関係も終わってしまうんだなと学びました。

借金 弁護士 北九州

自己破産という方法で借金問題を解決

私は大学生のとき、バイト代を無駄遣いしてしまい、クレジットカードの借金が50万円を超えてしまいました。当時、自分で借金を返済することができると思っていたため、毎月の返済額を抑えてしまいました。しかし、返済期間が長引くにつれ、利息がどんどん積み重なっていくことに気づき、焦りが募っていきました。 最初は返済を続けていたものの、バイト先で給料が減らされてしまい、返済が滞りがちになっていきました。すると、クレジットカード会社から催促の電話が何度もかかってくるようになり、非常にストレスがたまりました。返済ができないということで、利息もどんどん膨らみ、借金が返せなくなるという悪循環に陥ってしまいました。 そんな中、友人から「債務整理」という言葉を聞きました。初めは何のことか分からなかったものの、調べてみると借金問題を解決する方法の一つだと知りました。債務整理は、借金返済について弁護士や司法書士などの専門家と協力して借金返済の方法を考えることです。 私は専門家の助けを借りて、自己破産という方法で借金問題を解決することを決断しました。自己破産は、自分が持っている全ての財産を放棄し、その代わりに借金の返済義務を免除してもらうことができる方法です。手続き自体は難しいものではありませんが、弁護士に相談することでスムーズに進めることができました。 自己破産を申請した結果、借金は完済できませんでしたが、返済義務が免除され、精神的にも安心することができました。自己破産をしてしまったことは、一生背負っていかなければならない負担ですが、それでも、借金問題から解放されることができたので、この決断をしてよかったと思います。 借金問題は、自分で抱えることが難しいものです。私のように、借金返済に限界を感じた場合は、専門家に相談することが重要です。自己破産以外にも、任意整理や過払い金請求など、様々な解決方法があります。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあり、自分に合った方法を選ぶことが大切です。 また、借金問題を解決するためには、借金返済以外の問題も解決する必要があります。例えば、収入を増やすために、副業を始めることや、支出を減らすために節約術を学ぶことなどが挙げられます。借金問題を解決するためには、自己反省も必要です。 借金問題に陥ってしまった場合は、諦めずに専門家に相談し、解決方法を見つけることが大切です。また、借金問題に陥らないためには、クレジットカードの使用に注意し、収支のバランスを常に考えることが重要です。借金問題は、自分自身が抱えるだけでなく、家族や周りの人々にも影響を与えることがあるため、予防することが大切です。

東京での一人暮らしは大変

友達夫婦は大学卒業後、東京で就職し一人暮らしを始めました。東京での一人暮らしは大変で、給与の中から家賃や生活費を払うと余裕がありません。実家暮らしの同僚のように、欲しいものを買ったり遊びに行ったりすることができずに、毎日節約生活をしていました。 周りの子がうらやましく、時にはキャッシングをしてお金を調達し、一緒に遊びに行くこともありました。最初は次の給与が入ったら返済できるという気持ちだったのですが、そのうちボーナスが入ってから返済するようになりました。しかし、実家へ帰省したり、甥や姪にプレゼントを買ったりすることで、親に借金がばれないように振る舞うようになってしまいました。 そんな時に二人は知りあい、結婚することになりました。二人とも同じような立場にあり、お互いに100〜200万円の借金を抱えていました。結婚式は新婚旅行も兼ねてハワイで行い、披露宴はなしになりました。披露宴は行わなくても、親せきや親からたくさんのお祝いをもらいました。結婚式の後、日本に戻ってきてから、お祝いのお金で借金の返済に充てました。 結婚時はお互いに借金があったものの、無事返済ができました。周りにも同じような人がいます。地方から東京に出て働くのも大変です。給与の水準は高いものの、家賃も高く生活費もかかります。地元の友人からはうらやましがられたので愚痴も言えません。夫とは同じ思いをしていたので、借金に対して寛大な気持ちで許せたし、結婚することができました。

債務整理 弁護士 北九州

借金を返すために2軒目を作った!

これは私のお舅さんの話です。 お舅さんは、ある国家資格を持ち自分で治療院を行っていました。始めは賃貸の店舗から始めて、固定客がついたところで自分の治療を持つことに。聞いた話によると、物件のリフォームや治療器具などの導入でここでかなり大きな借金をしたのですね。自営業ならではですが、初期費用や運転資金などさまざまな諸経費が掛かります。そのため、借金はかさむばかりでした。 色々な要素を検討して、売り上げを増やすにはもっと利便性が良いところで治療を行うべきだという結果に至り、なんと借金を返すために2軒目の治療院を作ることにしたのです。 経営を知らない私は、借金を返すために2軒目を作るということが全く理解できず、それだと借金が増えるだけなのでは?と思いました。しかし、お舅の考えは的中しましたね。低予算で2軒目を作ることに。治療器具などはリースをしたり、いろいろなことを模索して立ち上げたのです。そして1軒目は他の人に任せ、自分自身が2軒目を盛り上げることに徹しました。それから時間はかかりましたが、次第に経営も上向きとなり借金を返済することができたのです。 今は亡くなってしまったお舅ですが、もともと自営業の家計であり、もしかすると野心とノウハウはあったのかもしれませんね。それに加えて、自分自身で国家資格を持つこと、2軒目を作るという戦略が成功して、苦労はあったけれど借金返済をすることができたのだと思います。