未分類

車のローンを抱えて

4年ほど前の事ですが、精神科に入院をしていましてソーシャルワーカーさんに家計を任せていました。貯金が底をついたら生活保護になってしまいますので、対策をしました。まず、私は入院前に交通事故を起こしていまして任意保険を解約しても保証が続くか、保険会社に問い合わせました。結果は大丈夫でした。そこで不安が一つ減りました。それから電気、ガス、水道を止めました。携帯のプランも見直しました。そして車のローンがまだまだ残っていまして、ローン会社に電話をしましてローンを減額してもらえないか問い合わせました。ローン会社側は書類の記入と保証人がいるそうで、妹に保証人になってもらいまして書類の届くのを待っていましたが、なかなか届かず結局先に生活保護を受ける事になりました。車を処分しなければいけなくてディーラーさんに電話をしまして、事情を話しまして車の鍵をソーシャルワーカーさんに渡しましてディーラーさんに渡してもらいました。車は無くて借金だけが残りました。 やがて退院しまして生活保護を受けながら自宅で療養しまして、その時に車のディーラーさんにうちまで来てもらいまして車を5万円で買い取ってもらう事と、書面で「もし借金が払えなくなってもディーラーさんは責任をとりません。」との書類を記入して、手続きしました。 退院してからですが、やっと車のローンの書類が届きましたがもう必要ありませんでした。そして、年末になりまして市の調査がありまして貯金の残高がありすぎまして、生活保護が廃止になるほどの金額で、私は車の残りのローンを一括で支払いました。その時はローン会社はすぐに計算しまして連絡がありまして銀行で振り込みました。ローン会社はローンの金額を減らす時は渋っていましたが、一括で支払う時はスピーディーに進むんだなとその時思いました。 今は結局生活保護が廃止になりまして作業所で働きながら障害年金を受けながら何とか生活しています。

債務整理 北九州

自分の誤ちが引き起こした借金による負の連鎖

“私は学生時代、イベントサークルに所属していました。そのイベントサークルでは大掛かりなクラブイベントも行われていて、そこに参加した時に知り合った女性と酔っ払った勢いでクラブのトイレで身体の関係を持ってしまいました。そして、行為に及んでいる最中の動画も記録として残してしまいました。そして数日後、大学から帰宅している途中に私はワンボックスカーの中に拉致され、明らかにヤクザ風の人に金銭を要求されました。私が先日クラブで身体の関係を持ってしまったその女性がヤクザの彼女だったそうで、その慰謝料として300万円を2日以内に用意することを命令されました。断れば命も取ると脅されました。貯金もなければ親にも友人にも頼めず、キャッシングするしかありませんでした。
キャッシングをして何とかその場はやりきったものの、私の元にはキャッシングによりできた借金が残りました。当時の私にはそんな返済能力があるわけはありませんでした。
私は当時田舎から上京してきた貧乏学生だったのですが、親の仕送りもなく全部自分でやっていました。バイトと大学を両立しながら常にギリギリの生活をしていたために自分のお小遣いなどの余裕も全くない中、キャッシングによる借金が上乗せされました。
居酒屋のバイトとガソリンスタンドのバイト、そして日雇いの登録制のバイトもはじめました。私の生活は大学中心ではなくてバイト中心になっていきました。大学にも行かなくなり、自分の過ちで作った借金返済に追われる毎日になりました。借金の返済をすることにより食事の量を減らしていたということ、カップラーメン続きの生活を強いられているほど以前よりさらに貧乏な生活をしていました。そして、私は大学生であるにもかかわらず過労で倒れてしまいました。
気づくと病院のベットの上にいました。目の前には両親がいます。バイト帰りに道で倒れているところを誰かに発見されて病院に通報してくれうです。私はこうなった理由を親に泣きながら全て話しました。親は怒ることなく「生きててよかった」と言ってくれました。そして私が作った借金を代わりに返済してくれました。
私は20歳を過ぎているにもかかわらず、自分の過ちを親にその責任を取ってもらいました。自分が本当に情けなかったし、恥ずかしく思いました。今回のこの経験を活かし次は2度とこのようなことがないようにしよう、と心に決めました。自立した人間になろう、と決意しました。”

借金返済のために風俗ではないものの「身体を売った」体験談

“私は愛知県内に住む32歳既婚女性です。6歳上の夫と4年前に結婚しました。子供はいませんが夫婦2人で仲の良い時間を過ごしてました。夫は小さいけれども十分社会貢献をしているWEB関係の会社を経営していました。しかし、社会の不況の波にのまれ、年々経営は悪化し、ついには経営回復できずに昨年倒産してしまいました。従業員への給料なども払うお金がなくなりました。それまでは贅沢こそできないものの人並みの生活が送れていたのですが、倒産により1000万という多額の負債を一気に抱えることになりました。従業員への支払いなど倒産の手続きはひとまずキャッシングで何とかなりました。
私たちは頻繁にかかってくる借金取りの電話や直接家に来る取り立ての際に利息分を払ったり、時には期日の延長を頼み込みながら、お互いとにかくお金を集めようと決めました。
夫は朝から晩まで体力勝負で高じ急でもある「現場仕事」をし、私はガールズバーと出会いカフェ、そしてチャットレディのバイトを始めました。しかし月々に返済できる金額というのは利息分ぐらいしかありませんでした。
どれも高時給級なことが魅力的でした。チャットレディは最低時給が保障されていることや好きなときに働けるという縛りがないことから「アリュール」に登録しました。夜はガールズバー、そして昼から夜の時間にかけて出会いカフェとチャットレディの仕事をうまく両立しました。チャットレディは「アダルトOKにするとその分報酬が高い」と聞いていたので少しでも早くお金を得るには手っ取り早い方法でしたが、「身体を人に曝け出す」ということに抵抗がありました。しかし、日々追ってくる借金取りの圧力に怯え、「このままでは命も狙われるかも」と考えると「それよりはマシだ」と思いアダルトを受け入れました。アクセスしてくる男性客のほとんどはアダルト希望の人たちばかりで、私はエッチな会話だけに収まらず胸を出したり足を開いたりしました。それどころか時には指でクリトリスを触ったり、バイブやローターを使ってるところを見せたりしました。「オナニー見せて」「イクところ見たい」「私で感じて」など私から攻めることもしました。周りからしたら変態だったと思います。しかし、割り切りで始めた「アダルト受け入れ」に次第に慣れていき、それが当たり前になっていきました。そして私はチャットレディとして月平均が20万円ぐらい稼ぐことができました。出会いカフェとガールズバーでのバイト代を合計すると何とか月々40万円ぐらいは稼げ、夫の現場での収入と併せた分をすべて借金返済にあてました。倒産し、借金取りに追われてから8ヶ月後に完済しました。その時に画面越しであっても本当はしたくもないエッチなことをし続けたせいで心が疲れきっていました。そして私たちは新たな人生をはじめようと決め、前向きになれました。チャットレディの仕事をはじめる人には「なぜチャットレディなのか」ということを考えた上ではじめた方が良いです。お金なのか、経験なのかを考えた方が良くて、仮に「何としてでもお金がほしい」という理由からアダルト含めて何でもアリにしてしまうと私のように心が疲れてしまうと思います。

キャッシングは非常事態などとっさの時にはすぐ簡単に手元にお金が入ります。それで難を逃れることができることでしょう。そういった意味ではとても手軽です。しかし、その利息分を含めた返済方法をしっかりと考えた上ではないとそのあと「キャッシング分の返済をするために犠牲にするものも出てくる」ということです。その犠牲とは「自分自身の心が疲れるようなこともありえる」ということをしっかり頭に入れておいた方が良いと思いました。”

副業に株投資を選んだ事が失敗の始まりでした‥

私自身の体験談ですが、私は2019年7月に自己破産をしました理由は株で失敗したからです、事の発端は知人から株投資を勧められた事でした、2014年9月から株投資を始めたのですが当初私は派遣社員として働いており給与はさほど良くなく福利厚生等の雇用条件も良くなく将来の不安を感じていました、そんな時にたまたま相談した知人に何か良い副業は無いかと聞いたら知人は株やれば良いじゃん!と言ってきました、私は株投資の知識は無かったですし株投資をするにはお金がかなり必要なのでは?と思っていたので知人に株投資はある程度軍資金が必要なんでしょ?と聞くと知人はイヤイヤ1万円からでも全然買えるから誰でも気軽に出来るよ!と言ってきました、私は1万円なら大丈夫だなと思いとりあえず1万円で知人に1株購入してもらいました、すると1ヵ月後に1万円が3万円になりました、私は知人に株投資ってこんなに簡単に金額が上がるの?と聞くと知人は株価は上がったり下がったりの繰り返しだから上がったところで打ち切るか下がりそうなところで打ち切るかで儲けが変わるだけだから初心者が考えているより実は仕組みは単純なんだよ!と言ってきました、とりあえず私は3万円になったお金で3株購入してもらい引き続き株投資を続けました、とはいえ知人にやってもらっていたのですが‥、しかし驚く事に知人が選んでくれた銘柄の株価はグングン向上して4ヵ月後に3株のうちの2株は合計で143万円になりました‥私は心の中でウソだろ‥こんなに簡単にお金が増えちゃうの‥?と本当にビックリしていました、しかしこの先も結果は良好で最終的に768万円儲ける事が出来ました、しかし悲劇は突然やってきました‥この時点で止めておけば良かったのですが調子に乗り株をドンドン購入してしまいました‥要するにもっと儲けたい!と欲が出てしまったのです、結局最終的に儲けたお金はマイナス表示になり借金として571万円だけが私に残りました‥、そんな金額は私には返せる経済的余裕が無かった為自己破産申請をしました、最後になりますが株投資等に手を出さなければ良かったと本当に後悔しています、以上です。

ヤミ金だけはやめておけ!

大学生の時に、同じパン屋でバイトしていた友達。そいつが大の競馬好きで、週末になると決まって馬券を買っていました。買う金額が100円、500円ならまだかわいいが、その友達は何万円もの大金を一度に突っ込む。当たればいいけど、ハズレたらパー。

勝てればいいけと、毎回勝てるわけはナイ。
バイト代は時給1000円。1か月フルに働いても給料はたかがしれている。

競馬にハマる友達。彼も自分のバイト代だけでは競馬を続けるのは無理。だから、バイト仲間からよくお金を借りていました。ちなみに、私も最高で20万円ほど貸していました。もちろん、キッチリ回収しましたが・・

一緒に働くバイト仲間には返してもらえない人もいた。
だから、その競馬好きの彼にお金を貸す人もいなくなり、彼は孤立していった。でも、どうしても競馬がやめられない彼は、何を血迷ったか、とあるビルの6階にある、どう考えても怪しい消費者金融にいったそうです。

詳しい内容は定かではありませんが、彼いわく「その事務所は煙でモクモクしていた」と言っていました。察するにその消費者金融は、タバコをふかしながら獲物を待っている輩がいるヤミ金であることは容易に想像できました。

彼はそのヤミ金で50万円借りて、競馬で大勝負したそうです。

結果はというと?
見事に惨敗。

その後、しばらくすると、バイト先のパン屋に柄の悪い人が頻繁に訪れるようになりました。ヤミ金に手を染めてしまった彼が、パン屋の路地で柄の悪いお兄さん達に首根っこを掴まれているところを見た私は、マジでヤミ金は怖いとつくづく思いました。

だから、お金に困っても、ヤミ金だけには手を出さないでくださいね!

クレジットカードカードと消費者金融のカードは便利さと怖さの表裏一体!

学校を卒業し、社会人になり、一人暮らしを始めた頃のエピソードです。当時、とある食品工場で正社員として働き、月収は20万円前後、ボーナスは年間30万円と、薄給で働いていました。その時は若気のいたりもあって、遊びたい盛り。欲しいモノは買い、ギャンブルも好き。女遊びも大好きで、遊び歩く生活をしていました。

しかし、安月給の私にはそんな暮らしは身の丈に合っておらず、次第に金欠に・・
挙げ句の果てに、生活さえもままならなくなってしまい・・でも、どうしても散財がやめられなくて、とうとうパンドラの箱を開けてしまったのです。

それは、クレジットカードでキャッシング、消費者金融でカードを作り、お金を借りてしまいました。
最初は「少しぐらいなら直ぐに返せばいいや!」と軽い気持ちで借金をしてしい、結果としてそれが地獄に足を一歩踏み入れることのきっかけに・・

カードでキャッシングすることは怖いもので、借金なんだけど、簡単にお金を手にすることができるので、まるで自分のお金のような錯覚を起こしてしまいました。

お金がなくなると借り、給料が出たら返済の繰り返しで、気がつくと、50万円の借入額になっていました。

返しても返しても減らない借金。
ご存知の通り、カードでの借入金利は以上に高い。だから、返済しても元金は減らず、利息だけを払っている状態で借金がなかなか減っていきません。

50万円、されど50万円。
安月給で若造だった私には思い金額。本当にヤバい!と思って、親に事情を話してお金を借り、一括でカード会社に返済しました。

クレジットカードと消費者金融のカードは便利だけど、怖いモノです。だから、利用する時にはくれぐれも計画的にお願いします。

夫婦で多重債務!債務整理で四苦八苦。お金で苦労しないために今できること。

結婚当初から借金があり、支払いに追われた体験を述べたいと思います。

結婚前から夫が借金を抱えていました。
うつ病を発症し、当時勤めていた会社を辞めざるを得なくなり、生活費を捻出するためにやむを得ずカードや銀行で借金をしていました。
借金のみならまだしも、住宅ローンも残っていた上に求職中という悲惨な状況。(アルバイトを掛け持ちして何とかしのいでいました。)

結婚後、ようやく正社員の仕事に採用されたものの再びうつ病が発症。
その後、仕事を辞めては転職をするを繰り返し、私もフルタイムで仕事をしてはいましたが、
どんどん収入は目減りし、借金返済に追われ、生活は苦しくなる一方でした。

そんな時に、当時夫が務めていた会社の上司に、債務整理をしてはどうかと勧められました。
確かに、このままの状態では借金は膨らむ一方で、収入が増える見込みもなく、将来の見通しは真っ暗でした。
私たち夫婦は話し合い、その夫の上司の方の紹介で、司法書士を紹介してもらうことにしました。

司法書士の方の説明では、まず過払い金が返金される可能性はないとのこと。
方法としては、債務整理をするか自己破産をするか、二つ方法があるといわれました。
恐らく、夫婦二人とも自己破産を選べば、後々ローンやクレジットカードの申請が通らなくなるなどの弊害はでるものの、返済金はなくなるため楽にはなれました。
しかし、夫は持ち家のローンを返済中です。自己破産をしてしまうと家も手放さなくてはならなくなり、
同居している義父に申し訳ないとのことで、自己破産は私のみで、夫は債務整理という方法で話を進めてもらうことになりました。

このとき、夫の債務整理は4社分ありましたが、月々合計2万円ほどになり、決して返済が無理な金額ではなかったと思います。
私たち夫婦も、それで何とか乗り越えていくつもりでした。

しかし、そう甘くはありませんでした。

月々2万円の返済というのは、毎月安定した収入があってこそ払えるもので、これが崩れると支払い自体も崩れるのです。
およそ2年ほどで完済できるはずの債務整理は、その後も難航を極め、とうとう支払が滞ることになってしまいました。

そうなると、どうなるかというと、債権回収のための裁判を起こされます。

こうした訴訟が4社のうち2社起こり、和解で今後も分割で払うような判決が出たものの、債務整理直後の額より倍の月額で支払わなければならなくなり、
しかも一度でも支払いが滞ると、残り全額支払わなければならなくなります。

支払うということからは、当然ではありますが逃げることはできません。

今現在、私たちが行っていることは、とにかく何が何でも毎月きっちり返済することと、もう二度と借り入れは起こさないこと(ブラックなので借りられませんが)、
あとは、収入の入口を増やすことです。

2020年はコロナ流行のため、倒産企業や失業者が多いと思います。
恐らく収入が途絶えてしまって、生活が苦しくなる人が増えると予想できます。

私たち夫婦のような失敗をしないためにも、まずはしっかりと収支を見極めること、そして収入の入口を増やすこと。
収入口が複数あれば、一つがダメになってもまず焦ることはなくなります。

銀行や商工会などの融資を考えている人も少なくないと思いますが、できることなら借りるということよりも、どうすれば増やすことができるか、それとも別の収入口を模索することを、ぜひとも、心よりお勧めしたいと思っています。

現金しか持ちません

私は若いとき(20代)給料も高くないのにブランドの洋服にハマり、
クレジットカードを作りました。
以前はクレジットカードは怖いもののイメージがあったのですが、
逆にお金がなくても買える、
支払いは後日!と言う魅力もあったのですが、中々、クレジットカードを作る勇気がなくて…

けれど当時はブランドの洋服が流行、どうしても欲しい洋服があり、でも全然私の給料では無理と思い、
ついついクレジットカードを作りました。

クレジットカードを作ったときは、
その洋服以外には使いませんでしたが、ある日、ブティックを見てたら、またまた欲しい洋服があり、
またクレジットカードを使い購入しました、それを境に私の金銭感覚が
麻痺をして、高い洋服はもちろん、
自分の手持のお金で買えるものまで買うようぬりました。

買ったあとの後悔もありながら
頭では「なんとなるさ」なんて軽く考えてましたが…

なんともなりません…

返済が苦しくなり違うクレジットカードを作る!を繰り返しました。
キャッシングで返す、でも、まだ買い物をする…
結局は借金額とクレジットカードが増えるばかりばかりでした。

ヤバイと思いながら使い続ける
クレジットカード。

誰にも相談できずに、なんとか、
クレジットカードを回しながら
返済をしてましたが、
だんだん返済が遅れることもあり、
遅れるとクレジットカード会社から自宅に(実家)電話がきました。

だいたいは私が電話をとってたんですが、一度、母が電話をとりました。
クレジットカード会社では、あくまで本人(私)が電話口に出ない限り母に内容は言わないと思いますが
会社名は言うので母に問い詰められました

私は最初はなんでもないよ、
なんかの勧誘だよ、なんて、ごまかしましたが、
実際の私の借金はやばい状態で、
これ以上、クレジットカードを作りキャッシングで支払うのは結局は
借金が終わらないと思ったので、
新たにクレジットカードは作らず、とにかく仕事を掛け持ちしようと、仕事を探したりしましたが、
いま仕事をしても返済が迫ってるし、追い付かない…
そんか気持ちで怖くなりました。

それで思いきって母に相談して、
母もビックリしてましたが、
ほらね~やっぱり!なにやってんの!と、かなり怒られましたが、
母から全額借りて借金を完済しました。感謝しました。

母には月々返済をしていました。

それからはクレジットカードは捨て、全て現金で買うようしてます。

クレジットカードでの借金地獄で
クレジットカードにトラウマができて、高いものを買うときはお金を貯めて買うようしてました。

そもそもクレジットカードは、
お金がない人は使ってダメです。
お金に余裕がある人で、
いま手持ないからカードで買う!
これが正解だと思いました。

 

 

 

 

福岡の債務整理ならフレア法律事務所

クレジットカードの作り過ぎにご注意を

大多数の方がクレジットカードを所有していると思いますが、私のように複数枚持っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、クレジットカードの複数枚持ちにより、私が陥った失敗をお話しします。

財布に現金がなくてもクレジットカードさえあれば現金を引き出す必要がありません。クレジットカードを使えばATMでの現金引き出し手数料と言う出費はしなくて済む上に、支払い額に応じてポイントやマインが貯まります。クレジットカードによってポイント還元率は異なりますが、貯まったポイントは現金と同じように利用することもできるので、とてもお得です。
またクレジットカードによっては、そのグループ企業や施設を利用できる優待がたくさん附帯しています。例えば、私が毎日買い物に行っているマックスバリューはイオン系列のスーパーマーケットです。イオンカードで毎月20日と30日にカード決済すると、5%オフになる特典があります。ちなみに、現金で支払ってポイントを貯める現金専用カードもありますが、ポイントはつきますが5%オフにはならないのです。カードを提示する、或いは決済するだけで割引があるなど、現金支払いよりも優待されるのでクレジットカードを使わないのは損です。他にも、海外旅行やショッピング保険などの各種保険付き、光熱費や携帯電話等の支払いでポイント倍増、メリットだらけです。

これらメリットを全て享受しようと欲張ると、クレジットカードの枚数はどんどん増えて行きます。それで私はカード決済を使い過ぎて返済ができなくなりました。私はクレジットカードを魔法のカードと勘違いしていたようで、ある日突然全てのカードが使えなくなりました。知り合いから司法書士の先生を紹介してもらい、債務整理の手続きをし、今は毎月少ない金額で支払いをしています。滞納や債務整理をしてしまうと金融事故者と認定され、ローンが組めません。私が債務整理の手続きをしたのが2017年8月なので、そこから10年借金ができません。

私のようなことにならないよう、常に口座にどれくらいの残高があるのかを把握しておく必要があります。そして、必要最低限以上のクレジットカードは持たないことです。得をしようと欲張るほど、お金の無駄遣いになることを私は身を持って学びました。安易にクレジットカードを何枚も作るのはよくありません。これからクレジットカードを作ろうかと思っているなら、もう一度良く検討してみて下さい。

お母さんの借金癖で思ったこと

私の母は4年前に74歳で他界したのですが、元気な頃は借金癖があり困ったことがありました。知人友人ご近所さんに親族、あちこちで借金を作り、年金が入ると全て借金返済で無くなっていました。私が働いて頂いた給料を生活費に充てていましたが、それも借金返済に回ることも珍しくありませんでした。どうしたら良いものか考えていた矢先に、母は消費者金融にまで手を出してしまいました。その時は弟が全額肩代わりしてくれましたが、また勝手にお金を借りて来て困り果てていました。

私は母の年金口座を管理していたのですが、「何故お前が私の通帳を持っているんだ!」と絶えず怒っていました。そんな生活が嫌になり、私は引っ越しを決意するタイミングで、役場へ行き職員に相談することにしました。役場で母の事情を話すと、社協(社会福祉協議会)の方が相談に乗ってくれました。そして、日常生活自立支援事業という福祉サービスを受けることにしました。この福祉サービスは、各種手続き、契約、お金の出し入れ、生活に必要な利用料などの支払い手続き、年金や通帳など大切な書類の管理を手伝って頂ける事業です。当初、母は通帳を預けることに猛反対していましたが、職員の方が説得を重ね同意してくれました。その後は、1週間に1度だったと思いますが、必要な生活費を出してもらっていました。

私と再び同居するようになった時には、福祉サービスを受けることはなく、借金癖も治まり、私に通帳と印鑑の管理を任せてくれました。女手ひとつで4人の子供を育てるのは並大抵ではなかったと思います。もしあの時に役場で相談していなかったら、今頃もっと借金が増えて大変だったと思います。母も次第に事の重大さに気付いたようで、福祉サービスを利用して本当に良かったと心から感謝しています。日常生活自立支援事業は公共福祉サービスなので、利用料はそんなに高くはないと思います。借金はしない・させないに越したことはありません。もし、隠れて借金を作ってしまったら、専門家に相談することを強くお勧めします。